Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

D3ブログ - 『銀座展望台』5月8日(月曜日)晴

『銀座展望台』5月8日(月曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2017-5-8 8:12
▲10日間、戸隠に遊ぶ(4月29日から5月7日まで)。みどりの日、長男の車で飯山市にある「菜の花公園」に行く。臨時の駐車場に止める。何のことはない畑の道に止めるだけ。駐車代500円。観光バスで見に来るお客もいる賑わいであった。千曲川に広がる菜の花畑は黄色い花を咲かせる。その数800万本。しばしあたりを逍遥する。南方に斑尾山(1382m)、戸隠山(1904m),飯縄山(1917m)、黒岩山(938m)、妙高山(2454m)の北信五山が見える。山の名前はしかと確認できないが一幅の絵である。菜の花公園を去る直後強い雨が降ってきた。
「菜の花や月は東に日は西に」と蕪村が歌えば、許六が「菜の花の中に城あり郡山」と答える「菜の花」である。現代人は「菜の花や北信五山雨模様」と詠う(悠々)。ここは童謡「朧月夜」のモチーフになった場所だといわれる。自然に歌が出てくる。「菜の花畑に入日薄れ 見渡す山の端霞み深し 春風そよ吹く空を見てば 夕月かかりてにおい淡し」(作曲・岡野貞一)。作詩の高野辰之は長野県豊田村(現在の中野市)に生まれ、隣の飯山市で小学校の教師をしていた時期があったという。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://blog.whoselab.com/modules/d3blog/tb.php/2916
XOOPS Cube PROJECT