Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

D3ブログ - 「銀座展望台」1月18日(木曜日)晴

「銀座展望台」1月18日(木曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2018-1-18 10:26
▲カナダのバンクーバーで20カ国の外相が集まり、朝鮮半島情勢について話しあった(16日)。朝鮮戦争当時、国連側の参戦国を主軸に構成された会議では、抜け穴の多い北朝鮮への密輸を防ぐための「海上遮断」の強化などを協議した。この会議は昨年11月米国とカナダの外相が提案したものでこれに日本、インド、スエーデン、イタリアの4ヶ国が招待された。北朝鮮の核・ミサイル開発断念させるためにあらゆる機会と方法を活用すべきである。この20ヶ国外相会議が朝鮮戦争参加の国連軍の国々が主力となって開かれたという意義は少なくない(参加国連軍で不参加国は南アフリカ共和国・エチオピア・ルクセンブルグ)。朝鮮戦争参加の国連軍の基地が「国連軍地位協定」により日本の横田米軍基地に設けられている。この国連軍の基地を利用して来日する外国の将官が少なくない。これら外国の将官との交流も有益であるのは言うまでもない。
「北朝鮮が休戦協定に違反して再び韓国領内に侵攻したなら自動的に国連軍が動員されるようになっています」と武貞秀士拓大教授は指摘している。ちなみに休戦時(1953年7月27日時点)の国連軍の総兵力は932,964人である。参加各国別の兵力は以下の通り。大韓民国 – 590,911(国連非加盟国)、アメリカ合衆国 – 302,483、イギリス – 14,198、タイ王国 – 6,326、カナダ – 6,146、トルコ – 5,453、オーストラリア – 2,282、フィリピン – 1,468、ニュージーランド – 1,385、エチオピア – 1,271、ギリシャ – 1,263、フランス – 1,119、コロンビア – 1,068、ベルギー – 900、南アフリカ共和国 – 826、オランダ – 819、ルクセンブルグー44.

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://blog.whoselab.com/modules/d3blog/tb.php/3097
XOOPS Cube PROJECT