Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

D3ブログ - 「銀座展望台」1月31日(水曜日)晴

「銀座展望台」1月31日(水曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2018-1-31 9:40
▼国会での憲法改正をめぐる論戦を聞いていると自民党案がどうもおかしい。
戦争放棄・戦力の不保持・交戦権の否認を明記している憲法9条をそのままにしてそのあとに自衛隊の存在を明記するらしい。そういう腹だと私は受け取った。
第Ⅰ項はともかく第2項は矛盾する。ごまかしの何物でない。こうしなければ国民投票で国民の賛成が得られないという。これほど国民をばかにした話はない。戦後一度も戦争をしたこともなく戦死者をひとりも出したことのない国である。平和国家であるのは間違いない。戦争をしたいと思う為政者もいまい。万一に備え、国を守るための軍隊が存在するのは近代国家として当然のことである。
第9条1項「日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては永久にこれを放棄する」
戦後一貫して平和主義を貫いてきた日本である。今後もこうあるべきであろう。
第2項「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない。国の交戦権はこれを認めない」
「戦力を保持しない」というのは日本に軍隊を持たせないということだ。当時の占領軍(GHQ)は日本の軍国主義を恐れてこのような条文を設けた。それを朝鮮戦争の勃発により日本にも軍隊が必要ということで警察予備隊が誕生し保安隊、自衛隊となった。もちろん2項の趣旨は国の自衛権を否定するものではないと解釈された。今日の自衛隊となった。英語で「SELF DEFENSE FORSE」という。訳は「護身隊」「正当防衛隊」。ともかく軍隊でなく専ら自分の身を守る軍隊と外国では受け取られているらしい。日本国民は日本の自衛隊を外国から卑下される立場にいつまで置くつもりなのか。
平和主義を明記して自衛隊を軍隊とするのを素直に認める改正をした方がすっきりする。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://blog.whoselab.com/modules/d3blog/tb.php/3107
XOOPS Cube PROJECT