Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

D3ブログ - 「銀座展望台」8月1日(水曜日)晴

「銀座展望台」8月1日(水曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2018-8-1 7:55
▼東京五輪・パラリンッピクの開会式4式典を演出する総合統括に決まった狂言師の野村満斉さん(52)は抱負を語る(7月31日)。大会は復興五輪を掲げており「鎮魂と再生が重要、日本精神にのっとった上質なものにしたい」。
近代五輪はクーペルタン男爵の「参加することに意義がある」という言葉から始まった。年ごとに規模も大きく派手になりお金もかかるようになった。その中「鎮魂と再生」を歌い上げるのは稀有であるといってよい。
「能」にはその題材(モチーフ)に事欠かない.「天鼓」「高砂」「自然居士」「海人」「隅田川」「熊野」ときには「猩々」(水上に乱舞する酒好きな妖精)などを入れても面白い。締めは平和と繁栄の舞いを舞う「翁」がふさわしい。
誰が野村萬斎さんを選らんだが知らいないが今の五輪のお祭りの総合統括に最もふさわしい人であると思う。
近代オリンッピクは1896年9月アテネで開かれた。それから124年、2020年に現代五輪は画期的な時を迎え,大輪の花を咲かせるであろう。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://blog.whoselab.com/modules/d3blog/tb.php/3237
XOOPS Cube PROJECT