Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

D3ブログ - 「銀座展望台」10月19日(金曜日)晴

「銀座展望台」10月19日(金曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2018-10-19 9:02
▼秋の一日、劇団「ふるキャラ」の演出家・ひらつか順子さんと一緒に荒川区に事務所を持つ音楽家・演出家の寺本建雄さんの案内で荒川の回向院(荒川区南千住五丁目33番13号)を訪れた(10月18日)。 江戸時代には、このあたりは小塚原といわれ、処刑場があった。 寛文7年(1667)に本所の回向院が、牢死者や刑死者等を供養するために、この地に回向院を開創した。この日私たちのほか参詣者はいなかった。此処には安政の大獄で獄死した吉田松陰や橋本左内らの墓所。 高橋おでんの墓。2・26事件で刑死した磯部浅一とその妻登美子の墓などがあった。静かに手を合わせる。中には削り取られた墓があった。寺本さんの説明では“ばくち”打の親分の墓で「墓石が運を呼ぶ」というので削ってゆくものがいるという。だか真新しい削り痕はなかった。
本堂入口右手に「観臓記念碑」がある。 杉田玄白や前野良沢らがここで刑死者の腑分けに立会い、「解体新書」を翻訳したのを記念したものである。
近くの延命寺境内(南千住二丁目34番5号)には、無縁となった人々を供養するために建てられた首切地蔵もあった。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://blog.whoselab.com/modules/d3blog/tb.php/3291
XOOPS Cube PROJECT