Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

  • カテゴリ 銀座一丁目ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

D3ブログ - 「銀座展望台」11月23日(金曜日)晴

「銀座展望台」11月23日(金曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2018-11-23 8:17
▼23日は新嘗祭。この日宮中神嘉殿で「夕の儀」(午後6時から2時間)と「暁の儀」(午前11時から2時間)が行われる。
天皇陛下は湯で身を清め白の絹でできた「御祭服」に身を包み神前に新穀などを備える。祝詞を讀み自らも食べることによって五穀豊穣に感謝し、国の安寧を祈る。そばには皇太子さまが控える(毎日新聞11月22日)。
五穀とは稲・麦・アワ・キビ・豆をいう。
宮中祭儀のうち神代から続いているものの中で新嘗祭は最も古い。文正元年(1466年)御土御門天皇が御即位の大嘗会を行ってから新嘗祭は長い間中断されていたが元文5年(1740年)桜町天皇の時に再興された。この祭儀は古来11月下旬卯の日に行われていたが明治6年(1873年)から11月23日を新嘗祭と決まった(入江相政編「宮中歳時記」・TBSブルタニカ刊)。
▼庭の蜜柑を息子に採ってもらう(11月22日)。何年か前に脚立から落ちて腰を痛めてから息子に頼むことにした。今年は台風と強風でたくさんの蜜柑が大きくなる前に落ちて色つやも悪く、形も小さく出来があまりよくない。正月に来る曾孫がみかん狩りの真似事をさせるため低いところにある蜜柑を8つ残す。それでもとれた蜜柑は200個を超え、ダンボールで4箱にもなった。食べて見たら意外と甘かった。悪条件にめげず育った蜜柑だけのことはある。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://blog.whoselab.com/modules/d3blog/tb.php/3317
XOOPS Cube PROJECT