Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

D3ブログ - 「銀座展望台)3月2日(土曜日)晴

「銀座展望台)3月2日(土曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2019-3-2 8:36
▲靖国神社に参拝する(3月1日)さすが雨の日。参拝客はまばらであった。
皇后陛下御歌
『慰霊地は今安らかに水をたたふ
如何ばかり君ら水を欲りけむ』
遺書    陸軍伍長 森浅吉命
昭和20年3月29日モルッカ諸島モロタイ島で戦死
兵庫県飾磨郡家島町出身29歳

太平洋戦争時、米軍がモロタイ島に上陸したのは昭和19年9月15日であった。その日に飛行場を構成した。この日、同時にペリリュー島にも上陸。近くのハルマハラ島には32師団(師団長・石井嘉穂中将・陸士24期。陸大32期)が昭和19年5月から到着、モロタイ島には歩兵211連隊(連隊長・守田義輝大佐・陸士29期・戦死後少将)から川島威伸少佐を長とする第2遊撃隊484名(兵隊は台湾高砂族)が派遣されていた。遊撃隊もハルマハラ島からの飛行場奪還の切り込み隊もその攻撃はいずれも失敗に終わった。12月15日には巡視中の守田連隊長が戦死。後任の大内競大佐(陸士33期・陸大45期)も昭和20年5月まで10数次に及ぶ切り込み攻撃を行ったがいずれも成功しなかった。森伍長もこの切込み攻撃で戦死されたものと思われる。モロタイ島での戦死者は1727名を数える。モロタイ島に米軍が飛行場を作ったのはマッカーサー元帥のフイリッピン奪還作戦の足掛かりのためであった。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://blog.whoselab.com/modules/d3blog/tb.php/3393
XOOPS Cube PROJECT