Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

  • カテゴリ 銀座一丁目ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

D3ブログ - 「銀座展望台)8月28日(水曜日)晴

「銀座展望台)8月28日(水曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2019-8-27 20:15
▲長野県佐久市の望月歴史民俗資料館で企画展『陸軍士官学校の疎開』―川西地域での長期野営演習―が開かれている(9月1日まで)。3万2千年前まで遡ることができる佐久地域の歴史と文科を展示している民俗資料館が昭和20年の一時期,仮住まいした若者たちの生活記録を展示するのは極めて異例だと思う。28日数人の同期生と59期2世会のメンバーとともに見学する。此の地は59期生の歩兵科の士官候補生ら580名が昭和20年6月6日から復員する8月30日まで南御牧国民学校、春日国民学校、協和国民学校のそれぞれ移駐したところ。ここで現地戦術、教練などを行い、自活のための農作業もした。学校本部は望月女学校に置かれた。今回は北野憲造校長が使用された机、帽子掛、椅子をはじめ59期生の有志が提供した写真、出版した本、資料などが展示されている。チラシには入校時の59期生の霜田昭治君(歩兵・12中隊1区隊)が掲載されている。
陸軍士官学校は神奈川県座間(相武台)にあったが空襲が激しくなり昭和20年4月だけでも7回を数えた。長期演習という名目で高射兵、鉄道兵、船舶工兵を座間に残して主力は疎開した。なお権現山には南御牧村村長であった依田英房翁が立てた『遥拝跡』と59期生による『依田英房翁顕彰碑』がある。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://blog.whoselab.com/modules/d3blog/tb.php/3513
XOOPS Cube PROJECT