Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

  • カテゴリ 銀座一丁目ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

D3ブログ - [銀座展望台]12月25日(金曜日)晴

[銀座展望台]12月25日(金曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2020-12-25 8:47
▲どうも世の中が息苦しい。コロナ禍のせいだけではなそうである。
ふざけた人間が多くなったと思ったら四角四面にしか物を考えない者も少なくない。
「智に働けば角が立つ情に棹させば流される」。とかくこの世は住みにくいと漱石先生も小説「草枕」でいっている。何事も我慢か。
聖書はこう教えている。学者たちが、不倫の現場で捉えられた女性をイエスのもとに連れてきた。「こういう女は石で打ち殺せと、モーセは律法の中で命じている。あなたはどう考えるか」と問うた。イエスは「まず罪なきものよ、石を打て」と答えたという。
世の中には正義を旗印にして厳しい人がいる。このような人にはいつもこの聖書の文句を提示する。
東京高検の黒川弘務元検事長(63)が知人の新聞記者らと賭けマージャンをしていた問題で、賭博容疑で告発された黒川氏を不起訴(起訴猶予)とした東京地検の処分に対し、検察審査会が「起訴相当」と議決した(24日)。
私は起訴猶予が妥当と思っている。
「起訴相当」と議決されたことによって東京地検は再捜査する。地検は今年7月、黒川氏が計4回、知人の産経新聞記者宅で、同紙記者2人と朝日新聞元記者の社員1人の計4人で賭けマージャンをしたとして、賭博罪の成立を認めたが社会的制裁を受けたことや、事実を認めて反省したことなどを踏まえて起訴猶予処分にした。
世の中をあまりぎすぎすしたものにするなと言いたい。これも老いの繰り言かな。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://blog.whoselab.com/modules/d3blog/tb.php/3927
XOOPS Cube PROJECT