Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

  • カテゴリ 銀座一丁目ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

D3ブログ - 10月18日(月曜日)晴

10月18日(月曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-10-18 8:21
▲今の若者はドライである。投手の引退登板なら「三振して」餞とするのに「四球」で塁に出た。時代が大きく変わった一つの印である。もっともオリックスには今後の戦い一戦一戦に優勝がかかってはいる。
日本ハム・斎藤佑樹投手(33)が17日、札幌ドームでのオリックス戦にリリーフ登板し、11年のプロ野球人生に別れを告げた。
チームは4―3で勝利した。
観衆の上限1万人のチケットが完売する中、1点リードの7回にマウンドに上がり、福田と対戦。初球は最速の129キロ直球でストライク、最後はフルカウントから外角へ外れて四球、打者1人で降板した。
ベンチに戻ると栗山英樹監督(60)に声を掛けられ斎藤選手は大粒の涙を出した。
栗山監督は「これからが大事だ」という。斎藤投手はまだ33歳。人生はこれからだ。問われるには自分自身であると知るべきであろう。  

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://blog.whoselab.com/modules/d3blog/tb.php/4197
XOOPS Cube PROJECT