Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

D3ブログ - 「銀座展望台」1月23日(火曜日)晴

「銀座展望台」1月23日(火曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2007-1-23 22:14
▲月一回開く友人5人との「読書会」で友人の一人が民主党の選挙用コマーシャルを批判した。荒海の中、船首で舵を切る小沢一郎代表が強風で船尾に吹き飛ばされ、その小沢代表を菅直人代表代理と鳩山由紀夫幹事長が抱き留める図柄である。「絆」「友情」「団結」「決意」「前進」それなりの意味は理解できる。反面逆の意味にもとれる。
毎日新聞の岩見隆夫さんもスポニチで取り上げ批判していた。私なら3人が富士山の頂で日の出に手を合わせ敬虔に祈る図柄にする。政治の頂点でこの国の未来を3人が手を取り合ってゆく、「静寂」のなかに激しい意思を示すものである。この方が有権者に訴える力がある。

▲宮崎知事選挙の結果は自民、民主両党に今更のように「無党派層」の力の恐ろしさを知らしめたと言えよう。朝日新聞の出口調査によると、東さんは無党派層の56パーセントを獲得12年前の青島幸男さん(東京都知事選)は48パーセント横山ノックさん(大阪府知事選)は59パーセントそれぞれ集めた。
国政選挙でも同じで、有権者は賢明である。この国の将来を肌で感じている。自民党が失政をすれば雪崩を打って他党へ票は流れてゆく。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://blog.whoselab.com/modules/d3blog/tb.php/439
XOOPS Cube PROJECT