Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

  • カテゴリ 銀座一丁目ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

D3ブログ - 「銀座展望台」11月17日(金曜日)晴

「銀座展望台」11月17日(金曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2006-11-17 10:00
▲いじめによる小中学校児童、生徒の自殺が伝えられる。学校側はすぐに父兄達に謝る。学校を訴える親たちも出てきた。イジメを早期に発見して自殺を防ぐ手立てをする「安全配慮義務」を怠ったというのである。小学校,中学校のころを考えると、よくからかわれたり,いじめたり、いじめられたりしたものである。それでもいじめによる自殺者はなかったと思う。昔の子どもは打たれ強かった。今と違って大家族であったので「心の傷」を誰かが受け止め、癒してくれた面もあろう。とりわけ母親の愛が大きかったような気がする。
今でも日頃ごろから温かく子どもと接している母親なら子どの様子を見て学校で何かあったという事がわかるはずである。子どものほうから「今いじめられている」と訴えるであろう。子どもが訴えないのは頼りない親が多くなったということであろうか。
子どもの「心」は必ず子どもの「表情」「行動」 「動作」に現れてくる。そのシグナルを一番はじめに発見するのは母親である。それを怠って学校をせめるのはお門違である。
「獅子は我子を千尋の谷へ突き落とす」という。「可愛い子には旅をさせろ」ともいう。我子を鍛える場を考えてもいいのではないか。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://blog.whoselab.com/modules/d3blog/tb.php/475
XOOPS Cube PROJECT