Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

D3ブログ - 「銀座展望台」1月19日(木曜日)晴

「銀座展望台」1月19日(木曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2006-1-19 14:02
▲読売新聞主筆、渡辺恒雄さんが「日本記者クラブ会報」(第431号)に新春随想「ファンド資本主義の時代に教養主義の復活を」を書く。「弱肉強食の市場原理主義を信奉するハゲタカの是非を問うのは今年の日本経済の一つの主題となるだろう」と指摘。今回のホリエモン事件を予見する論文である。結論は「ポスト小泉の首相に道徳、人情、憐憫、福祉、家族といった価値観を、政治や経済の中に一本の軸として注入する政策と理念を持つ人を選ぶこと」だという。

▲日本経団連の奥田会長ライブドアの入会について「理事会で全員一致で賛成したのはミスったというか早すぎた」と失敗を認めた。自民党も先の総選挙で「刺客」に起用したの「不徳の致すところ」とをあっさり謝ればよい。奥田さんが「若い経営者が新しいビジネスモデルを求めて必至に頑張っている点を評価したい」というように若者を育てる気持ちを忘れないで欲しい。

▲団塊の世代の生き方を描いた毎日新聞の「第2幕のベルが鳴る」が終わった。14回の連載の中で磯崎由美記者の原稿を3回読んだが、筆力があってそのつど胸にくるものがあった。いい記者が育つのは心よい。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://blog.whoselab.com/modules/d3blog/tb.php/674
XOOPS Cube PROJECT