Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

D3ブログ - 「銀座展望台」1月18日(水曜日) 晴れ

「銀座展望台」1月18日(水曜日) 晴れ

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2006-1-18 13:37
▲昨今、救急車の交差点優先通過はくずれている。16日午後2時20分ごろ都内のかなり交通の激しい通りの交差点をサイレンを鳴らして救急車が右折しようとしたが、交差する通りの右側の車2台が停車せず救急車を無視して走り去った。他の車は一時停車をする。無視した2台の車の運転手はいずれ大事故を起こすだろう。事故にもなら事故を30回重ねて大事故につながるといわれている。

▲交差点はドラマを生む。小倉昌男が「宅急便は成功する」と確信したのがニューヨークの交差点であった。(鷲巣力著「宅急便130年戦争」新潮新書)「四つ角にたってふと見ると、交差点を中心にUPS(ユナイテッド・パーセル・サービス)が4台停まっているのに気が付いた。・・・・それを見て、私ははっと閃いめいた」小倉は集配車単位の損益の総和が宅急便の損益になる。要は取り扱い個数をふやせば良いと閃いたのだ。ちなみにヤマトが宅急便を始めた初日(1976年1月20日)の取り扱い個数は11個であった。

▲宮崎勤に最高裁死刑判決を下す。結審まで17年はかかり過ぎ。本人に反省の色なし。人間にはこういう者もいる。幼児を誘い出すときは体をかがめ目線を幼児と同じくして優しく話しかけたという(NHKテレビ)。これは幼児と話すときの鉄則。非情な男にも知恵は備えている。「再審を視野にいれる」と弁護人。仕事上無理からぬ発言とも思うが、遺族の思いは想像に絶する。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://blog.whoselab.com/modules/d3blog/tb.php/675
XOOPS Cube PROJECT