Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

  • カテゴリ 銀座一丁目ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

D3ブログ - 銀座一丁目ブログカテゴリのエントリ

8月3日(火曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-8-3 7:46
▲オリンピックで「金」を取るのは容易なことではないとつくづく思う。
東京五輪で日本が目標の金16個を超えた金をとったのは指導者・本人の並々ならぬ努力の結果であろう。もちろん肉親や周囲の支えもあったであろう。
それらを凝縮してみせるのはメダルを手にして見せる選手達の「笑顔」である。
なんとも言えぬ顔をしている。
平和を強く感じる。底しれぬ人間の力も感じる。絆も・・・
したり顔して東京五輪を反対論を書いた識者の顔を見たい。

8月2日(月曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-8-2 7:02
▲福岡県中間市で起きた送迎バスの中で園児が死亡した事件。
おかしなことがたくさんある。
1, 園長は日頃から園児の健康状態を気にしないのか。
顔色を見て「どこ過体の具合が悪くないの」と聞かないのか。
2, 乗車、降車時に人数の確認をしないのか。
3, 降車後車内の点検はしないのか。
これらは基本動作だと思うがこれを怠った園長は保育園帳の資格はない。「三つ子の魂」と言われるほど子供の教育しつけは大切である。この保育園は漫然と子供を預かっているだけである。
日頃の園長の言動を見ておればわかることだと思う。働くために子供を預ける保育園が少ないという悲劇かもしれない。
なぜ新聞は40代の園長と表現して氏名を出さないのか。取材して明らかにせよ。

7月31日(土曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-7-31 7:56
金メダル」に涙あり。格言あり。
女子78キロ超級で素根輝選手(21)が金メダルを獲得する。
父からの教えは「稽古やトレーニングの量は人より3倍」
それを実行した。決勝の相手はキューバノオルティス選手(31).
身長も1メートル62の素根より約10センチも大きい。もちろん体重も二周り重い相手であった。
肝に銘じよう「人より3倍努力しよう」

7月30日(金曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-7-30 6:52
▲カタカナ文字の名前の日本人が五輪の舞台で活躍する時代となった。
東京五輪・柔道100キロ級でウルフ・アロン選手(25=了徳寺大学職員)が金メダルに輝く。
ウルフ・アロンの父親は米国人、母は日本人。東京生れ。6歳の頃から柔道の道に入る。
女子78キロ級では浜田尚里選手(30=自衛隊)が金メダルを獲得、これ金メダルは65個となった。目標の66個まであと1個である
新しい時代とすでになったという象徴的な出来事であろう。

7月29日(木曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-7-29 7:55
▲東京五輪日本の活躍光る。
獲得金メダルは13個。目標の16個まであと3個である。
28日体操で橋本大輝選手(順大)が個人総合で金メダルを獲得。内村航平の2連覇に続く日本勢3大会連続Vを果たす。
連日の日本選手の活躍で東京五輪開催反対論も影を潜め。拍手を送るようになったらしい。 
本ブログは終始東京五輪を支持してきた。国の誇り、国の形、国の威信と言っても良い。それと大局を判断したからだ。

7月28日(水曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-7-28 7:12
▲このコロナ感染者の数を見よ
 東京都が27日の感染者数は2848人であった。 
このままの状態であればもっと増えるであろう。
緊急事態宣言されているのに都民は「外出の自粛」「3密の回避」を守ろうとしないからである。
盛り場の人では多く旅行客も後をたたない。
平和なれは人間を堕落させてしまった。
自律の精神を失った。
▲日本「女子ソフトボール」で宿敵米国を2対0で破り金に輝く。歓喜の渦・・・
北京オリンピック以来、13年ぶりである。ソフトボールがオリンピック常時正式種目にならないからである。

7月27日(火曜日)曇

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-7-27 9:32
▲13歳の少女が金メダル。中学生ではないか。東京五輪の中止を求めた識者の顔を見たい。女子選手がスケーボード女子ストリートで西矢椛さん(13)快挙を果たす。日本の若者はものおじせず世界に羽ばたく。末恐ろしい。
日本五輪史上最年少金メダルの記録である(13歳11カ月・2007年8月30日生れ)。「つらいことは・・・」と質問されて「母親に怒られること」と答える。まだ子供である。
「大紅葉燃え上がらんとしつつあり」虚子
彼女は2024年のパリ五輪のときは16歳である。「有名になりたい」のが夢だと語る。
おそらくその夢を実現する可能性は大きい。
なお中山楓奈さん(16)が銅メダルに輝いた。

7月26日(月曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-7-26 8:06
▲東京五輪での日本の金メダル獲得目標は16個である。
25日は金メダルラッシュに湧いた。
柔道男子66キロ級で阿部一ニ三選手(23)
柔道女子52キロ級で阿部詩選手(21)
スノボーで堀込雄斗選手(22)
水泳女子400メートル個人事メドレー
大橋悠依選手(25)
予想される金メダル獲得種目は少なくない。
私より70歳も年下の選手たちが頑張っている。暑さに負けず元気を出さなくてはいけない。勇気も出さなければいけない。

7月25日(日曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-7-25 8:47
▲東京五輪、各種競技始まる。古豪の選手が消え新鋭が現れわれるなど悲喜こもごも。
金メダルを取ることは大変なことのようである。
金をとった柔道60キロ級の高藤直樹選手(28)は号泣していた。
瀬戸大也選手(27)も負け内村航平選手(32)も落ちた。
五輪にも魔物がいた。
▲「聖火台歩むはなおみ月桂樹」悠々
開会式のテーマは「多様性と調和」それを象徴する具体的人物は大坂なおみしかいない。
「ドローンの描く市松模様夏の空」悠々

7月24日(土曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-7-24 7:59
▲東京五輪の開会式をテレビで見る。聖火ランナーは誰かと思っていたら女子テニスの大坂なおみさんであった。聖火に点火は「開会式の華」である。聖火リレーでは、まず五輪金メダリストの吉田沙保里さんと野村忠宏さんが姿を見せる。ついで現れた松井秀喜さんに支えられた元巨人の長嶋茂雄氏と元巨人でソフトバンク会長の王貞治氏に聖火を繋ぐ。さらに医療従事者などを挟み、一般人の子どもから炎を託された大坂なおみさんが聖火台に点火した。
この日開会式に参加したのは106の国。地域の1万1000人。
演出は芸術性の高いもので非常に工夫と知恵が織り込められたものであった。無観客であるのが残念である。
XOOPS Cube PROJECT