Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

  • カテゴリ 銀座一丁目ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

D3ブログ - 銀座一丁目ブログカテゴリのエントリ

▲「新テロ対策特別措置法」11」日、衆院本会議で再可決されて成立する。
2月には海上自衛隊がインド洋上での給油活動を再開する。インド洋上での「敵前逃亡」から72日でめどが立ち、100日で再スタートする。この「空白の100日」は日本の対外的信用を著しく傷つけた。所詮、日本という国は「なんでも金を出せばよいと思っている」とまたも諸外国に思わせた。
22歳の若さで特攻兵器「回天」に登乗、特攻戦死した若者は「国のため血を流し、他人のために涙を流し、自分のために汗を流す」を格言とした。
テロとの戦いは2001年9月11日以来今なおつづいている。いまの政治家にこの認識がない。そのうえ、22歳の若者の覚悟さへ持ち合わせていない。
▲敬意を払っている出版社、草思社(木谷東男社長)が民事再生法の適用を東京地裁に申請した。負債総額22億5000万円。
質の高い本を出していた。売れそうにないのによく出すなと感心していた。
出版の経験から私は「つまらない本ほど売れる」と思っている。だから2,3年に一度ぐらい妥協して「つまらない本」を出すべきであると思うが、いかがかな。
出版は「創造と挑戦」である。当たればこれほど面白い商売はない。現にベストセラーを出している出版社もある。ベストセラーといえども潮時を間違えると返品の山となってかえってくる。
活字文化は衰退すると言うが、人間の成長・人格形成には「読書」は欠かせない。本を読まなくなった民族は滅亡の一途を辿る。
「人間は汲めど尽きせぬ宝庫」といわれる。その「人間」を対象にした本が売れないはずはない。余りよそ見をせずに本業に専心されんことを祈る。
▲敬意を払っている出版社、草思社(木谷東男社長)が民事再生法の適用を東京地裁に申請した。負債総額22億5000万円。
質の高い本を出していた。売れそうにないのによく出すなと感心していた。
出版の経験から私は「つまらない本ほど売れる」と思っている。だから2,3年に一度ぐらい妥協して「つまらない本」を出すべきであると思うが、いかがかな。
出版は「創造と挑戦」である。当たればこれほど面白い商売はない。現にベストセラーを出している出版社もある。ベストセラーといえども潮時を間違えると返品の山となってかえってくる。
活字文化は衰退すると言うが、人間の成長・人格形成には「読書」は欠かせない。本を読まなくなった民族は滅亡の一途を辿る。
「人間は汲めど尽きせぬ宝庫」といわれる。その「人間」を対象にした本が売れないはずはない。余りよそ見をせずに本業に専心されんことを祈る。
▲「罪を憎んで人を憎まず」という言葉がある。人間は過ちを犯す。悔い改めれば更生の余地もある。罪を犯した人間を温かく見守ろうという意味が含まれているように思う。
福岡で酒気帯び運転で幼児3人を死亡させた元市職員(23)には「危険運転致死罪」が適用されなかった。
それでも懲役7年6ヶ月の判決は重い。そのうえ、飲酒運転の事故が起きるたびにテレビは元市職員の顔を大写しにして「酒気帯び運転撲滅」を訴える。23歳の元市職員は社会的制裁は十分すぎるほど受けている。
「両親の願い届かず」「筆舌に尽くしがたい両親の喪失感」は十分わかる。だが、この青年が刑期を終え30歳すぎて社会に出てきても働く場所は恐らくないであろう。
幼児3人を死なせた「十字架」を背負って生きてゆく道は険しい。「人を憎まず」の境地は神のものであろうか。
▲同台経済懇話会新春靖国神社参拝。午前11時会員と共に昇殿、先輩・同期生の霊に頭を下げ、国の安らけきと家内安全を祈る。
初詣の参拝客は25万余。年々若い人の姿が目立つという。拝殿・社頭の掲示の明治天皇の御製は「あしはらの 国のさかえを 祈るかな 神代ながらの 年をむかえて」
「出陣に際して」海軍大尉 塚本太郎命の遺書が掲示される。塚本命は昭和20年1月21日 中部太平洋方面にて戦死 茨城県稲敷郡竜ヶ崎町出身 22歳とある。
「きけわだつみのこえ」(岩波文庫)によれば大正12年12月4日生まれ。出身は東京都、昭和18年慶応大学入学、昭和18年12月1日海軍入団、昭和20年1月21日ウルシー湾にて人間魚雷(回天特別攻撃隊・金剛隊員)として戦死、海軍大尉、21歳。「赤き実を雀ついばむ袋路に吾をまつらん幸薄き伯母」の歌を残す。打越和子著「靖国のこえに耳を澄ませて」(明成社)には「兵隊なんかに自分から志願することはないのに・・・」と幼い頃からかわいがってくれた伯母が嘆いたとき塚本さんは苦笑して「こんな時に、若い者が出ていかなきゃ・・・伯母さん、内地にいる人がみんな不幸になるよ」と答えたという。
塚本さんの口癖の格言は「国のために血を流し 人のために涙を流し 自分のためには汗を流せ」であった。
▲どうやら今年中に民主党政権ができそうである。毎日新聞の世論調査によると、次期衆議院選で自民党と民主党のどちらに勝ってほしいか尋ねたところ民主46パーセント、自民33パーセントと出たという(6日)。
これまで5回同じ質問の調査を行ってきたが多少の差があるにしてもいずれも民主党が自民党をリードしている。年金問題、格差問題、防衛省の不祥事が自民党にとって逆風となっている。
無党派層が明らかに民主党を支持している。この傾向はよほどのことが起こらない限り、今後も変わるまい。
「政界は一寸先が闇」といわれる。何が起きるかわからない。民主党政権誕生と先走りしてもどんてん返しを食らうかもしれない。だが時代の底流は自民党に対する不満が渦巻いているように見える。今のままではその流れを止めることはできないであろう。
▲仕事始め。自分でそう思いこんでいたようである。カレンダーには「仕事始め」の文字はない。道理でバスは駅まで乗客はたった3人、京王線もすいていた。
今年は波乱の幕開きである。原油先物相場は1バーレル100ドルをつけ株急落、ドル安である。世界経済は不安定か。
拓殖大学の渡辺利夫学長が「若人よ公に目覚めよう」と説いていた(産経新聞「正論」)。賛成である。ストリートチルドレンの救済稼働に参加させるなど学生を外国に派遣して奉仕活動をさせているという。
個人主義・自由主義を他人を思いやらず自分の気ままなことをするだと思いこんでいる若者が多い。「滅私奉公」は紳士のなす事である。
▲パキスタンのベナジル・プット元首相(54)、首都イスラマバード近郊で演説が終わった直後に暗殺される。民主化のシンポルであったプットさんの死はパキスタンの民主主義の道を閉ざす。
プット元首相はイスラム過激派を強硬に取り締まるように主張し、ムシャラフ政権にも断固たる姿勢を求めてきた(産経新聞)。これまでイスラム過激派からテロの標的にされてきた。
2001年9・11以来、自由諸国対テログループの戦争は続く。核保有国であるパキスタンの世情不安はテログループにとっては望むところ。核がテログループに渡れば事は重大である。
議会が3億ドルの対パキスタン支援予算を承認したばかりのアメリカや英国、インドがテロを非難、国連安保理は緊急の会合を開くと発表したのは当然である。
今回のテロを対岸視してはいけない。テログループに甘い顔を見せるな。
▲沖縄集団自決で軍の強制、関与があったのかどうか、教科書検定審議会は「直接的な軍命令の根拠はない」としながらも「手榴弾の配布や壕からの追い出しなど軍の関与は集団自決を作り出した」と関与を認めた。
大東亜戦争では沖縄は戦場となった。本土がB29の無差別爆撃を受け多くの死傷者を出した当時の状況を考えれば、住民も軍とともに必死になって米軍と戦わざるを得まい。さまざまな悲劇が起きた。戦争というものはそういうものである。だから戦争は避けねばならいのだ。
作家の佐藤優さんのお母さんは沖縄の方で当時14歳であった。首里郊外で母親は自決用に手榴弾2発を渡されたが将校の中に耳打ちしてくれた人がいた。「戦時国際法というのがある。女子供というのは絶対殺されないから降伏してゆきなさい」といってくれた。母親はそれを信用しなかった。
壕にいることが米軍に分かった時、10数人の住民は皆手榴弾のピンを抜いた。一人の伍長が「自決することは捕虜になってからでもできる。ここはいったん捕虜になろう」といった。そのため、そこにいた住民は全員助かったという(同台経済懇話会講演会より)。
このような記述も教科書に載せてください。軍の悪口を言うのはもうやめたらいかがなものか。
▲天網恢々疎にして漏らさず。天の網は粗いが悪人は取り逃がさない。
48歳の会社員の男、自分がはいていた女性用の下着を近所の庭先に捨てたというささやかな罪で捕まった。今月2日のこと、罪名も「廃棄物処理法」違反。
なんとこの男、平成6年1月、大阪市北区のホテルで派遣社員・当時26歳の女性を殺害した疑いが濃厚となった。現場に残されていた遺留品のDNAと会社員の男のDNAが一致したからである。
殺人の時効は15年。あと1年で時効が成立するところであった。悪業はいつか、どこかでばれる。
見事なDNAの勝利である。
私たちの体にはDNAは何億とある。まだ働いていないDNAもある。そのDNAを働かすことができればすばらしい仕事ができる。専門家によればDNAを阻害する要因は1,いたずらに安定を求める気持ち2,つらいことを避けようとする態度3,現状を維持する気持ち4勇気の欠如5,本能的欲求の抑制6,成長への意欲の欠如などである。
この阻害要因を克服すればよいのだが、なかなか実行ができないのが私たち凡人の悲しさである。一歩間違うと悪へ転落しかねない。ともかくこの6ヶ條を拳々服膺しよう。
XOOPS Cube PROJECT