Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

D3ブログ - 最新エントリー

10月6日(水曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-10-6 8:16
▲『動機は好奇心』
地球温暖化研究の先駆的存在である物理学者の真鍋淑郎(90)さんがノーベル物理学賞に選ばれた。真鍋さんが発した言葉である。何事も『好奇心』から始まる。
テレビで見るかぎり人懐っこい好々爺である。
真鍋さんはアメリカ国籍、アメリカに住み、プリンストン大学上席研究員である。
アメリカの学者にその論文が注目されて1950年代末からアメリカに渡った。
旭硝子財団が30年も前に今回のノーベル症の受賞対象となった業績で賞を贈っている。注目されたのに日本より研究施設・人材の揃った米国を選んだ。
コンピュータを用いて気候の変動を分析する研究分野を開拓。二酸化炭素濃度の上昇が大気や海洋に及ぼす影響を研究し、地球温暖化予測の枠組みを築いた。
真鍋さんは1958年に東京大学大学院を修了後、アメリカ海洋大気庁(当時:気象局)の研究員となる。1997年に当時の科学技術庁の温暖化研究チームに加わったことがある。

10月5日(火曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-10-5 8:23
▲「台湾有事」はありうる。その兆候が見える。
4日、中国軍の戦闘機など56機が同日台湾の防空識別圏に進入した。1日に入った機数として最多。今月で149機となった。
 その時期について米国のインド太平洋司令官は「6年以内」と言明している。その理由は2027年が人民解放軍の健軍100周年を迎えること、
翌年の2028年は習近平ガ国家主席としての任期を終える為、何らかの成果を上げて終身国家主席の座を得たいからだという。
留任となった岸信夫防衛大臣(62)「油断は大敵ですぞ」

10月4日(月曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-10-4 8:00
▲岸田文雄内閣発足する。
初入閣13人という。
20人の閣僚のうち私が知っているのは5人だけ。
法務、財務、外務、経済産業、国土交通の5閣僚のみである。
フレッシュといえばフレッシュ。
それぞれの担当の役人が苦労する顔が見える。
国会答弁が心配だ。どう見ても隙だらけである。
意地悪な野党議員ならば予算委員会で名指しで答弁に困るような質問をして窮地に陥れるだろう。
立憲民主党の枝野幸男代表、共産党の志位和夫委員長は手ぐすね引いて待っている。
野次馬根性だが国会が面白くなるのは間違いない。
マスコミは河野太郎広報本部長が冷や飯を食わされたと言う。本当かな。「岸田総裁日日」を拝見すると、
3日午後1時35分東新橋の電通本社での岸田首相の広報用の写真撮影に立ち会っている。

10月2日(土曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-10-2 8:36
▲スポニチの社長時代、「世界に目を向けよ」と記者たちを積極的に世界へ特派した。世界の動きに目を放なしたらだめだ。思考が内向きになってしまう。また感覚が鈍る。
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国でいま「ドバイ万博」が開かれている(10月1日から来年3月末まで)。万国博覧会の中東開催は初めて。UAEは入場客2500万人の目標を掲げる。
もちろん日本館もある。時間待ちの行列をなしていると伝えれている。
ドバイはアラビア半島のペルシア湾の沿岸に位置する。人口は約331万人。中東屈指の世界都市並びに金融センターであり世界的な観光都市だ。
ドバイ万博のテーマは「心をつなぎ、未来を創る」。
中東から未来志向の平和を強く発信している。とかく紛争の多い中東から「平和のメッセージ」とは世の中も変りつつある。

10月1日(金曜日)雨

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-10-1 6:32
▲10月1日。台風16合の影響で朝から雨。
『君待つわが恋ひをればわが宿のすだれうごかし秋の風服』額田王(巻4-488)(君待登 吾恋波居者 我屋戸之 簾動之 秋風吹)
奈良時代の貴族社会は恋愛別居結婚であったという。一緒に住んでいないのである。通婚であった。簾の動く音に驚かされるのは当然と言える。風流だという気もするが・・・
現代の秋の風は物の値段が上がったことを知らせる。
小麦粉を始め異常気象による野菜の高騰、近海の潮流の異変もあって魚の値段も芳しくない。
コロナの感染者のの減少により旅行・お酒提供の営業が制限を解除されたのが明るい材料である。

9月30日(木曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-9-30 9:34
▲政界と国民との間に温度差がある。
今回の自民党の総裁選挙では永田町の論理が勝ったのだ。
永田町の論理の中にはボスの資金力も含めた「力」も入っている。
票に如実に現れている。総裁選挙の1回目の投票をみればわかる。
岸田氏・国会議員票146票、党員票110票、合計256票
河野氏・国会議員票86票、 党員票169票、合計255票
国会議員票の60票、党員票59票のそれぞれの差である。
国会議員対党員の争いは1位では国会議員が勝ったが2位では党員が国会議員に勝っている。
次期総選挙では岸田さんを表に立てて戦えばあまり芳しい結果が出ないということである。もちろん自民党には国民の一定の支持率がありあまり心配しなくてもよいであろうが河野さんを立てれば大勝するということだ。
岸田さんの「安定感」はあくまでも政界での評価にしかすぎない。

9月29日(水曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-9-29 7:06
▲自民党総裁選挙。午後にははっきりする。
毎日新聞は「岸田氏優位か」と伝える。また決戦投票になるともいう。
私が自民党議員なら河野太郎を押す。
理由をあげれば4人の候補者を消去法で消していけば河野しか残らない。
もう少し説明する。
作家・和歌森太郎は『英雄に必要な貫禄は、具体的には周囲に対する明敏な洞察力、事に処する果敢な決断力、事をすすめる上での誠実なる実行力などが現れたときに認められる』といっている。
「洞察力」「決断力」「実行力」の3つを判断して河野と決めたのである。
午後、決選投票の結果岸田文雄氏が新しい総裁に選ばれた。

9月28日(火曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-9-28 6:59
▲横綱白鵬(36)ついに引退。
色々物議を醸したが強い横綱であった。
品格も問われた。横綱らしいとは具体的には横綱自身が作るもの。
子どもたちに相撲教室を開いたり東日本大震災の復興活動に協力したり横綱として立派に働いている。
優勝回数45。うち全勝16.通算勝利1187勝。
この成績に文句を付ける人はいないであろう。
白鵬で感心するのは四股、てっぽうなど毎朝基本動作を丹念に続けたことである。

9月27日(月曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-9-27 8:02
▲大相撲秋場所(両国国技館)。横綱照ノ富士が新横綱として初優勝を飾る。
成績は13勝2敗。
昇進伝達式で述べた『不動心』そのままに一人横綱の責任を見事に果たした。
横綱白鵬引退の報伝わる。
▲Lee Nam Pyoさんが誰だかやっとわかった。
韓国に住む知人である。10年以上も前に手紙のやり取りをしたことがある。
日本語も堪能なはずである。
コロナ禍の最中、私の老齢を心配してか、26日朝プレゼントの海苔が届いた。
出した日付が9月9日であるところから見れば、アドレスの誤記から郵便局で滞留していたと見られる。それでメールでの問い合わせになったようである。

9月26日(日曜日)曇

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-9-25 19:41
▲9月23日12時03分にLee Nam Pyoさんから次のようなメールが届いた。
「Dear Mr. Makiuchi,
URGENT
Dear Mr. Makiuchi,
Please give me your telephone number by return mail.
This is required by your local post office for verification.
The article I've sent to you is pending delivery at your
post office.
Best regards」
その日の12時53分に次のように返事をした。
「Dear Mr. Lee Nam Pyo
郵便番号83-0052 府中市新町1-77-2 FUCHUUSITEI SINNMACHI 1―77-2 MAKIUCHI SETUO
TRL 042-361-3586」
「URGENT」と言いながら9月26日に至るも「受け取った」とも『ありがとう』の返事もない。人にものを尋ねて返事をもらったら『ありがとう』とお礼を言うのが最低の礼儀であろう。
私に用事があったわけでなく、単に私の住所と電話番号を知りたいだけであったのかもしれない。メールのやりとりが頻繁な昨今こんな事を気にしては生きて行けないのかもしれない。
後で気がついたがFUCHUUCITYが正しい。
XOOPS Cube PROJECT