Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

D3ブログ - 最新エントリー

▲横綱白鵬が立ち会いに苦しんでいる。3日目に早くも1敗した。そのわけは横綱の品格を問われたからだ。横綱白鵬の「張り手」と「かち上げ」が横綱相撲に相応しくないというのである。「張り手」とは相手の横面を平手で打つ技である。「かち上げ」とは立ち合いに利き腕を肘から曲げ体ごと相手の上半身を突き上げ出足を止め相手を崩す技である。いずれも出足の鋭い相手を防ぐには有効な技である。
横綱は正々堂々戦えというのであろうが私は別におかしいとは思わない。相撲における品格とは「何ぞや」という問題になる。「しながら」という以上横綱に相応しい技を使えという事であろう。「ふさわしい技」とは何か、四つに組んできれいな技で勝負をせよと云う事か。
心が形を現す。とすれば心を磨くほかないではないか。起居動作、発言にその人柄がにじみ出てくる。それが「品格」だと思う。
ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの著書『日の名残り』(早川書房)に主人公ミスター・スティーブンスが「品格」に関連して父親の実話を紹介している。インドでの出来事である。執事が晩餐の準備に手落ちがないか確かめに行ったところ、食卓の下に虎が一頭寝そべっているのをみつけた。部屋に鍵をかけて主人にこう告げた。「お騒がせしてまことに申し訳ありませんがご主人様、食堂に虎が一頭迷い込んだようでございます。12番径の使用を御許可願えましょうか」。数分後3発の銃声が聞こえた。主人は執事に「不都合はない」と尋ねた。「はい、ご主人様、何の支障もございません。夕食はいつもの時刻でございます。その時までには、最近の出来事の痕跡もあらかた消えていると存じますので、どうぞ、ご心配なきようにお願います」と答えたという。何事もなかったように「最近の出来事の痕跡もあらかた消えている・・・」というところに万事そつなく大騒ぎせずにことを収める執事の“品格”がにじみ出ていると私は受け取った。
勝負の世界もこのようでありたいなあと思う。
▲上に立つものは自分と意見を異にする者に出来るだけあった方が良い。
必ずプラスになる。私は人間の好き嫌いがはっきりしていた。
ある人に忠告された。「どんな人間でもよい面がある。その良い面を見て付き合えばよい」。
それ以来どのような人間と付き合ってきた。プラスになったことは確かである。面会も同じであろう。
安倍晋三首相に日本を訪問中のノーベル平和賞を受賞したICANの事務局長ペアトリス・フィンさん(35)との面会を拒否した。昨年12月から面を求めていたのだから明らかに拒否したのである。相手の言うことはわかっていると思わずにこのような人物に会うと意外な発見があるものだ。ましてノーベル平和賞受賞者ではないか、それなりの敬意を表してもおかしくない。
会う会わないは本人の自由だが惜しい機会を逸したと思う。
▲カズオ・イシグロの「日の名残り」(土屋政雄訳。早川書房・2001年5月31日発行・2017年11月15日34冊)を遅まきながらやっと読み終えた。読後感は爽やかであった。それは味わい深かったからである。ダーリント・ホ-ルの執事ミスター・スティーブンスと女中頭ミス・ケントンの恋愛物語なのだが全くそのような会話は出てこなし、それらしい雰囲気もない。二人は喧嘩ばかりしている。もっともスティーブンスは「執事の品格」に拘り、それを貫き通す。ケントンは常に喧嘩腰で表現する。
もう一つはダーリント卿の第一次大戦で敗れ過酷な賠償で苦しむドイツに対する思いやりである。そのような言葉は全くでてこない。憎しみからは何も生まれてこない。憎悪からは憎悪しか生まれてこないことをそれとなく伝える。私はひとりの英国紳士の矜持を見る.題名からして奥ゆかしい。
▲大相撲の行司式守伊之助(58)が泥酔して弟子にキスしたとして3場所出場停止処分を受ける(3場所後辞職)。新聞は「キス辞職」とデカデカと報道する。私は少しばかり頭をかしげる。そして「世の中は不寛容になった」とつぶやく・・・。
その昔、新聞社に全舷と称して、各部ごとに熱海などに一泊旅行に行く習わしがあった。社会部には酒豪が多く中には泥酔すると暴れたり抱きついて顔を甞めたりする者もいた。いつもなんらかの”事件“がつきものであった。それが表沙汰になるようなことはなかった。ましてマスコミに載るなど皆無であった。それだけ人間がおおらかで寛容であった。
昨年12月16日沖縄のホテルで大相撲の行司・式守伊之助(58)が弟子に泥酔してキスをしてマスコミに報道された。内部のことがなぜ外にもれるのか。なぜこのようなことが問題となるのか私には理解を超える。セクハラだという。泥酔の上のことだ。大目に見てやれ。昨今やたらと些細なことを問題にし世間に公開するやからが出てきた。この世に聖人君子ばかりでは面白くないではないか。たまには”アクシデント“があってもいい。一興というものであろう。
酒を一滴も飲まない私である。その男が「ささい」というのである。そう目くじらを立てるなと言いたい。
▲14日から大相撲1月場所が東京両国の国技館で開幕する。横綱日馬富士の暴力問題で人気を落とした相撲協会は天皇皇后両陛下の恒例の初場所ご観戦を辞退する気の使いようである。それにしても初場所の御客の入りが心配だ。相撲は国技である。なんとしても人気を挽回することだ。「相撲は国技」と言ったがこれは両国の国技館の名前に負うところが大きい。
「大相撲国技にあぐら初太鼓」悠々
「国技館」の名付け親は、尾車文五郎(大関大平戸広吉・慶応2年=1866~大正5年=1916 )である。
明治42年6月の夏場所前に両国に大鉄傘円形の建物が完成する。板垣退助(伯爵・天保8年=1837年~大正6年=1917年)を委員長とする名称委員会ができた。建物の名前をどうするか、「武道館」「相撲館」などの案が出て議論百出、なかなかまとまらなかった。そこへ年寄・尾車親方が「国技館はどうでしょう」と提案した。即座に板垣委員長が賛成して決まったという。尾車親方は江見水蔭が起草した開館披露文の一節「相撲は日本の国技なり」を見て思いついたという。因みに板垣伯爵は尾車部屋の相談役をしていた。
「初場所国技にすがる大相撲」悠々
ちなみに江見 水蔭(明治2年=1869年9月17日 - 昭和9年=1934年11月3日)は小説家のほかさまざまな肩書を持つ多芸な人であった。
▲府中森公園で凧揚げに興じている母子がいた(11日午後)。楽しそうであった。昨今子供の凧揚げをほとんど見かけなくなった。凧の形は奴ではなく鳥形であった。
「武蔵野の空に一つ凧上がる」悠々
1月11日の誕生日の花は「胡蝶蘭」、花言葉は「幸福が飛んでくる」。この母子には幸福が飛んでくるだろう。
凧揚げは昔からあった。記録に残っているのは元和・寛永(1615-1644)のころとか。2代将軍秀忠時代である。元禄時代になると大流行した(1688-1704)。5代将軍綱吉・大老柳沢吉保の時である。
神奈川県では初男児誕生の際に凧を贈ったといわれる。
揚げる時期は必ずしも正月と決まっていない。風の吹くのと関係があったようである。
長崎―2月から4月
沖縄―10月
秋田―7月
東海地方―5月(「日本民俗事典」より)
▲春の選抜高校野球大会の行進曲に阿久悠さんの「今ありて」(曲・谷村信司)が選ばれた。{今ありて}は大会歌でもあるが行進曲となるのは2度目で25年ぶりである。
阿久悠さんも天上で喜んでいるであろう。
毎日新聞大阪社会部では選抜のデスクをやらないものは一人前とみなされなかった。前の年東京から大阪に赴任した私は昭和39年3月社会部デスクとして28日から9日間、甲子園球場近くの旅館に泊まって取材した。
「春は選抜から」を実感した。
この時東日本勢が総崩れで決勝戦は徳島海南高校対尾道商業で3対2で徳島海南高校が優勝した。徳徳島海南高校の投手は、後にプログルフーになる尾崎将司で4番バッターであった。しかも逆転勝ちであった。スリリングな試合であった。
▲韓国と北朝鮮の南北会談鳴り物入りで大騒ぎしたものの決まったのは北朝鮮の平昌冬季五輪参加のみ。例の女性応援団の派手な応援が見ものというわけである。
これで北朝鮮が核を放棄することは全くないことがはっきりした。
これが成果かもしれない。
「お猿さん頭隠して尻見せる」
▲韓国、2015年12月に日本と韓国で取り決めた慰安婦問題の合意は問題の解決ではないとの態度を表明する。
これでは国同士の約束はできない。甚だ礼を失する話である。
日本はこのまま突き放すほかない。これ以上謝罪などしてはならない。
「外より内面よけれ文政権」
▲大相撲の行司式守伊之助(58)が泥酔して弟子にセクハラをしたとして近く処分されるという。
不寛容な社会になったものだ。
内部での酒の上の出来事である。「ごめんなさい」で済む話。
被害を受けた弟子は怒っているらしい。とかく最近の若者はすぐかっとなるらしい。
社会部の先輩にも一人いた。泥酔すると人の顔をを甞める癖がある。甞められたものもいたが別段問題にしなかった。
聖人君子が住んでいる世界ではない。
内部での出来事を逐一マスコミに流すことはない。
とかくこの世は住みにくくなった。我利我利亡者が多く、もののあわれを知る人が少なくなったせいであろう。
▲韓国と北朝鮮の南北会談9日に再開。2年ぶりという。
北朝鮮は平昌冬季五輪参加と韓国の米国との離別を要求する。
アメとムチの作戦。
同じ民族同士の会談最後は南北統一に向かってほしいと願うが先決は北朝鮮の核放棄である。
北朝鮮が核を放棄するのはまずないであろうから、できることからやっていくほかないであろう。
石を一つづつ積み上げてゆくほかない。空しいがそれが弱肉強食の世界の現実である。
会談はやらないよりは開いた方がよいのにきまっている。
XOOPS Cube PROJECT