Welcome Guest 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

D3ブログ - 最新エントリー

8月10日(火曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-8-10 7:56
▲夏の高校野球が10日から始まる。
第1試合は日大山形(山形)対米子東(鳥取)の一戦。
昨夏は新型コロナウイルスの影響で中止となった。参加3603チームの頂点をかけ49代表が熱戦を繰り広げる。  
開会式は午前9時から。選手宣誓は小松大谷(石川)の木下仁緒主将(3年)が務める。
俳優・歌手の山崎育三郎さんが大会歌「栄冠は君に輝く」を歌う。  
入場は学校関係者のみとなる。
決勝戦は26日。

8月9日(月曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-8-9 7:28
▲9日は「長崎原爆忌」
「忘れまじ原爆」を。午前11痔2分黙祷
▲東京五輪閉幕。24日からパラリンピクにうつる。
女性の活躍が目立つ。日本が獲得したメダル数57個、女性選手のほうが5個多いという。
東京オリン昭和39年のオリンピックでは女子のメダル獲得はわずか2個であった。57年を経た日本は大きく変わったと言える。
しかも素晴らしい選手ばかりである。日本にも各界に大勢の女性が進出するのは間違いない。
「底力メダル57個夏の雲」悠々

8月8日(日曜日)雨

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-8-8 8:14
▲東京五輪。金メダルをかけた日本と米国の野球試合をテレビ観戦する(7日夜)。
3回村上選手のホームランで1点、8回浅村選手の2塁打を足がかりに1点をもぎ取る。若手投手陣が踏ん張りベテランの岩崎投手が好リリーフをみせ米国を完封する。
日本の金メダルは1992年オリンピックの正式種目になって以来はじめだという。なんと29年ぶりの快挙である。
メダルの表彰式が横浜球場で行われたがメダルは直接選手本人にかけず隣の選手に渡し、受け取った選手がその選手にかける方式であった。なんとも時間のかかる方式であった。
銅のドミニカ、銀の米国、金の日本、合計72選手である。金が最後だから日本選手はさぞかし待ちくたびれたであろう。それだけ金の価値は高いということであろう。

8月7日(土曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-8-7 7:59
▲突然車内で刃物を振り回されては防ぎようがない。
6日午後8時半過ぎ、東京・世田谷区祖師谷大蔵駅近くを走行中の小田急線の車内で乗客9人が刃物で男に刺される事件が起きた。
9人が病院に運ばれ、20代の女性1人が背中など7カ所を刺されて重傷。  そのほかの8人は軽傷であった。  
男は電車から飛び降りて逃走したが、約1時間半後に逮捕された。
時折「人を傷つけたくなった」ととっさ的な犯行に走る男がいる。しかも「日頃はおとなしい性格でとてもそのような凶悪な犯罪をしでかす人には見えない」という近くに住む人からの話をよく聞く。

8月6日(金曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-8-6 7:57
▲6日は「広島原爆忌」76回
われは歌わん「原爆を許さまじ」(作・浅田石二・曲・木下航二)を。
「ふるさとの街やかれ
身よりの骨うめし焼土に
今は白い花咲く
ああ許すまじ原爆を
三度許すまじ原爆を
われらの街に」(1番)
▲この歌の意味をわかっていない為政者が世界中にいる。日本のすぐ近くにもいる。
「原爆を許さまじ」の合唱団を世界へ派遣する必要があるようだ。

8月5日(木曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-8-5 14:34
▲「画かくべき夏のくだ物何々ぞ」子規
描くよりは桃でも食べたほうが良い。子規の本心もそうだと思う。
朝から体調がおかしく寝る。外は30度以上の真夏日だというのに冷房をかけて横になる。
食欲なく昼食はぬく。
午後2時過ぎトウモロコシ(トウキビ)を蒸して食べる。意外と甘くて美味しい。資料によると熱帯アメリカ原産、天正時代(1573-1592)に日本に伝来したという。400年も前からある食べ物である。
「トウキビが昼飯代わり猛暑日」悠々

8月4日(水曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-8-4 7:40
▲オリンピックは面白い人物を浮き上がらせる。これからの日本は「明るい」と思わせるものがある。
ボクシング女子フエザー級で金メダルを獲得した入江聖奈選手(20)=日体大=である。
女子では初、男女合わせて1964年東京の桜井孝雄、2012年ロンドンの村田諒太に続く3つ目の金メダルとなった。
金メダルを決めるとカエルのように跳びはねて喜んだ。表彰式後の会見では「大学いっぱいでボクシングは辞めるつもり」とサラリと言ってのける。
「運動音痴」の発言には驚く。それも諦めずに努力すればこのような結果になることをわからせただけでも良かっと言う。
鳥取市、県出身者として初めての「金」というので市と県から栄誉賞が出る始末である。 

8月3日(火曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-8-3 7:46
▲オリンピックで「金」を取るのは容易なことではないとつくづく思う。
東京五輪で日本が目標の金16個を超えた金をとったのは指導者・本人の並々ならぬ努力の結果であろう。もちろん肉親や周囲の支えもあったであろう。
それらを凝縮してみせるのはメダルを手にして見せる選手達の「笑顔」である。
なんとも言えぬ顔をしている。
平和を強く感じる。底しれぬ人間の力も感じる。絆も・・・
したり顔して東京五輪を反対論を書いた識者の顔を見たい。

8月2日(月曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-8-2 7:02
▲福岡県中間市で起きた送迎バスの中で園児が死亡した事件。
おかしなことがたくさんある。
1, 園長は日頃から園児の健康状態を気にしないのか。
顔色を見て「どこ過体の具合が悪くないの」と聞かないのか。
2, 乗車、降車時に人数の確認をしないのか。
3, 降車後車内の点検はしないのか。
これらは基本動作だと思うがこれを怠った園長は保育園帳の資格はない。「三つ子の魂」と言われるほど子供の教育しつけは大切である。この保育園は漫然と子供を預かっているだけである。
日頃の園長の言動を見ておればわかることだと思う。働くために子供を預ける保育園が少ないという悲劇かもしれない。
なぜ新聞は40代の園長と表現して氏名を出さないのか。取材して明らかにせよ。

7月31日(土曜日)晴

カテゴリ : 
銀座一丁目ブログ
執筆 : 
makiuchi 2021-7-31 7:56
金メダル」に涙あり。格言あり。
女子78キロ超級で素根輝選手(21)が金メダルを獲得する。
父からの教えは「稽古やトレーニングの量は人より3倍」
それを実行した。決勝の相手はキューバノオルティス選手(31).
身長も1メートル62の素根より約10センチも大きい。もちろん体重も二周り重い相手であった。
肝に銘じよう「人より3倍努力しよう」
XOOPS Cube PROJECT